おなじ機嫌の風車♪

ひさしぶりにパソコンを開き、以前の記事を読み返しているうちに、「佐之育の俳優日記」は、すこし硬い気がしてきて、「おなじ機嫌の風車♪」に変更しました。

Photo プロフィール画は、とても気に入っているので、W画伯に感謝しつつ引き続き使わせて頂きますm(__)m。

このブログも2008年に始めてもう4年余りです。訪れて下さった皆様、コメントをお寄せ頂いた皆様、本当にありがとうございましたm(_ _)m。近々自分用に印刷しておこうかと思っています。老後に読み返して、ボケ防止に使おうという、転ばぬ先の杖ですな。いや、未来の佐之育が、転ぶのが嫌で寝転んで本ばかり読んでいるといけないので、今後の自分への刺激材料にしようという訳です。(^_^;)

製本してくれるサービスなどもあるようですので、限定一冊のマイブックを作るのもよいですね。あ、新しいタイトルは、有名な都々逸♪たんと売れても売れない日でも同じ機嫌の風車♪からお借りしました。この都々逸がとても好きです。m(_ _)m。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

おくればせながらm(__)m

新年あけましておめでとうございますm(__)m

更新が大変滞りまして申し訳ありません(-_-;)m(__)m

初春公演にお運びいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

京都「赤ひげ」公演は、1月17日まであります。是非お運びくださいませ。佐之育は今回は出演しておりませんが、長年関わってきた、思い出深い作品です。

私ごとですが、昨年5月に出産(!)、只今、育児のためお休みを頂いております。

ブログも滞りがちですが、元気に子どもを抱いてスクワットなどして、体力回復に余念ありません。smile  本年もどうをよろしくお願いいたします。

Photo_2 眉を引く間も惜しいばたばた生活なので、シルエットのみの写真で失礼をいたします。m(__)mhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前進座劇場

皆さま、大変ご無沙汰しておりますm(__)m。

すでに新聞などで報道されておりますが、30年にわたり皆さまにお支え頂いた、吉祥寺・前進座劇場は、2013年1月公演をもって閉館することになりました。

詳しくは、前進座公式ホームページをご覧くださいませ。

劇団前進座は今まで通り演劇活動を続けてまいります。引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。m(__)m。

佐之育は、近々の舞台出演予定はありませんが、体力作り、三味線のお稽古、慣れないスマートフォンの操作などに励んでおります。

まだまだ寒い毎日、皆さまもどうぞご自愛ください。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

迎春・2012

迎春・2012

| | コメント (2) | トラックバック (0)

神は細部に…

神は細部に…
神は細部に…

『夢千代日記』只今、名古屋は中京大学文化市民会館にて公演中です(明日まで)。

さて、本火って言葉をご存知ですか?
ほんび、と読みます。本物の火のことです。舞台で、ロウソク、マッチ、煙草その他、実際に火を使う場合は、『本火使用許可』を消防署に申請致します。

今回名古屋では諸般の事情で、ライターに代わり、マッチが登場。

二幕目、春川一座楽屋の場では、佐之育も副座長の煙草に着火する際使用しております。

…で、ご覧下さいこのマッチ箱を!小道具さんの御見立ての素敵な岡持ちに灰皿や団扇と一緒にセットしてあるのですが、マッチ箱のラベルはなんと『スナック喫茶白兎』!。夢千代日記、一幕一場アサ子さんの働くお店のマッチです。

演出部若手I君が、名古屋公演の為に急遽こしらえてくれたそうです。

女優楽屋一同、いたく感じ入りました。「ウサギのひしゃげた感じがいかにも潰れそ〜」とは、アサ子役E先輩談。

お客様からは見えないところにも、このように、スタッフさん達のこだわりがたくさん込められて、生き生きとした舞台空間が出来上がります。

佐之育も三味線の糸、けちらずに張り替えましたm(__)m。

追伸・マッチ箱製作者I君曰く、「急ぎだったので……時間あればもっと出来るんスが…」
追伸2・岡持ちの中の素敵な団扇は、紀伊国屋さん(ハンドルネーム)から副座長へのプレゼント。佐之育も頂いて愛用させて頂いておりますm(__)m。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

小樽で再会

大変、大変、ご無沙汰致しております。

『さんしょう太夫』巡演⇒夏バテ⇒『夢千代日記』稽古⇒北海道巡演(進行中)…以上が最近の流れでありました。

流れ流れて、小樽にまいりました。

『夢千代日記』旅公演ははじめてですので、仕込みは一同大車輪です。

楽屋係、生活係(お茶当番)を兼ねる佐之育は、トラックからの荷降ろしがすむと、あたふたとお茶のしたくです。

会館の備品置き場で、ポット、湯飲み、お盆など出していると、(おや?!)…銀色に輝くアルミ急須の一つに黒ぐろと『前進座』の文字が!

(あれ?座の備品は、まだ何も出していないのに何故?私はボケたのか?いやいやそもそも急須は持って来ていないし!)以上、一瞬のうちに脳内をよぎった思いでした。

答えは簡単。昨年北海道を旅した『法然と親鸞』班が忘れて行っちゃったものです。

楽屋で見せると、もと『法然と親鸞』班の生活係、黒川さん(仮名)は「いやぁ○千円もしたのに、どこに忘れたか、けっこうへこんでましたよ〜」と大いに喜びました。

東京から各地旅して、小樽の備品置き場に一年足止め、またまた旅を始めた急須君。君にはまだこの先に長い長い旅が待っていますよ。たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かなたこなたと旅歩き、丹後の国、由良の港に着きにけり♪

かなたこなたと旅歩き、丹後の国、由良の港に着きにけり♪
かなたこなたと旅歩き、丹後の国、由良の港に着きにけり♪
台風にも猛暑にも負けずに四国公演を終えた、さんしょう太夫班ですm(__)m。
ご観劇頂きました皆様、暑い中、搬入搬出をお手伝い頂きました皆様、本当にありがとうございましたm(__)m。

鳴門から本州に渡った一同、今日はさんしょう太夫のご当地、丹後の国「宮津」で公演致しました。

昨日は、有志で「さんしょう太夫、ゆかりの地ツアー」へ。

写真は、あんじゅが汐汲みをした、といわれる浜辺と、あんじゅと厨子王の銅像です。後ろ姿もなかなか哀愁があります。

如意寺の身代わり地蔵様に、公演の無事を皆でお祈りしました。来年には1000回公演を迎える『さんしょう太夫』をどうぞ守らせたまへ…!

| | コメント (1) | トラックバック (0)

我らの旗印

我らの旗印
我らの旗印

宮崎駿監督のアニメでは、平和と 力強い人の営みの象徴として、風にはためく洗濯物がしばしば登場します。(ハウルの動く城のラストとか)

国、町、学校、会社、○○団、○○連…人の集う所に旗印あり。

洗濯物もまた我らが旗印。そして、炎天下ぐるぐる頑張る健気な洗濯機君にも栄光あれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

土佐の高知の♪

土佐の高知の♪
高知公演、二日目は昼公演でした。

公演の後外に出ると、真昼のような日差しです。

お城のそばにある文学館に『宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展』を見に行きました。

もと本の虫っ子にとって、実に素晴らしい展覧会です。お気に入りの『みどりの指』『ムギと王さま』『やかまし村の子どもたち』も入っていて大満足です。
監督の推薦書には、「どうしても最後まで読めない」本、「すでに食いつくされてしまった」お話まで入っていて、懐の深さと守備範囲の広さに、ますますファンになった佐之育でした。
おまけの小冊子「岩波少年文庫の50冊」をもらうべく、未読の『聊斎志異』購入。大好きな三浦しをん氏のエッセイでも取り上げられていたので。
ホテルに帰ってみると、テレビでジブリアニメが始まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

四国アルバム

四国アルバム
四国アルバム
四国アルバム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«高松は踊る